東京タワーリニューアルに伴いメインデッキに4K P1.5 Magnoliaスクリーンを導入

- SILICONCORE NEWS -

2018.10.14

シリコンコア・テクノロジーLLC(新横浜、代表:梅村 誠)はこのたび、株式会社TOKYO TOWER様が平成29年9月より実施してきた東京タワーメインデッキのリニューアルに伴い同社の超高精細LEDディスプレイを納入したことを発表しました。


今回のリニューアルにより新たに生まれ変わった新生東京タワーの目玉の一つとして、メインデッキ(150m)1階にある展望台ステージ「Club333(クラブ・トリプルスリー)にピッチ1.5mmの超高精細LEDディスプレイ(Magnolia P1.5)を4K(3840 x 2160ピクセル)、260インチ(W5,760 x H3,240mm)で導入し、来場のお客様に鮮明且つ迫力の映像を提供すると共に、ラグジュアリーな空間演出の一躍を担います。


ピッチ1mm台のディスプレイにより近場での視認も可能且つ、同社スクリーンの特徴の一つでもある輝度の高さから、リニューアルにより、さらに眺望が開けた窓ガラスから差し込む外光にも負けることなく、動画やテキストデータなど、多彩なコンテンツをよりはっきりと映し出します。「Club333」は展望台のフリースペースとして、通常はオリジナル4K動画を放映していますが、貸切スペースとして使用できる機能も備えており、ライブパフォーマンスや記者発表、プロモーションイベントなど、臨場感ある音響設備と大型映像の連動が、Club333をさらに盛り上げます。


東京タワーリニューアル紹介:https://mdr.tokyotower.co.jp/

Club333紹介:https://mdr.tokyotower.co.jp/index.html#club333

東京タワーリニューアル Club333 超高精細LEDディスプレイ(Magnolia P1.5)4K 東京タワーリニューアル Club333 超高精細LEDディスプレイ(Magnolia P1.5)4K
このページのトップへ