第23回「ファインテックジャパン内 Display2013」、大盛況のうちに終了

- SILICONCORE NEWS -

2013.04.12

シリコンサイン・ジャパンLLC(新横浜、代表:梅村 誠)は、4月10日(水)から12日(金)に東京ビックサイトにて開催された「第23回ファインテックジャパン、Display2013」に出展しました。


今回シリコンサインブースでは、超高精細、1.9mmピッチのLEDパネルをワイド4K(3840ピクセル, Full HD x 2, 7,296mm)に組上げ、迫力のある大画面と鮮明な画像をお披露目し、来場者ならびにメディアの度肝を抜きました。ブースでは通路を塞いでしまうほどのお客様にお越し頂き、感謝と共に一部ご不便をおかけしましたことをこの場でお詫び申し上げます。注目の集まるLED、またそのLEDの特徴をフルに活用し、これまでに無い高精細ピッチを実現した弊社LEDパネルディスプレイは会場で大変大きな関心を集めたと共に、多くのマスコミに取り上げて頂きました。
今回、もう一つの目玉として展示いたしました業界最高レベルの1.5mmピッチパネルにも多くの注目を集めました。ピッチ1.5mmは小規模の画面サイズでも鮮明な画像を実現でき、最早LEDパネルの領域を超えた画質を提供するこのモデルに多くの期待をいただきました。


P1.9mmにならび、実導入が進む2.6mm、3.9mmピッチ製品、さらには屋外対応6mmなど、バリエーションも増えており、今後も市場要求に合わせ、新たな製品を展開していく予定です。


自発光式ならではの圧倒的な高輝度とピッチ1.5mm-といった高精細を兼ね備え、フレームレス、サイズの自由度、視野角、施工のしやすさといった特長を持つLEDパネルディスプレイは今後更に需要が増えていくと今回のショウを通じても大きく感じております。

今回来場いただけなかった方々にも個別に対応させていただきますので、ぜひお気軽に弊社にお尋ねください。

このページのトップへ